カリキュラム

医学部心理支援科学科教育課程の概念図

■ 医学部心理支援科学科卒業後の進路
 卒業後の進路は、心理支援職に関する諸資格を取得し、医療機関を中心としながら、教育機関(スクールカウンセラーなど)、司法・矯正機関(課程裁判所調査官、少年鑑別所等の法務技官(心理)など)、福祉機関(障害児・障害者施設指導院、児童養護施設等の児童指導員等の心理支援等)、地方自治体等の行政機関(心理)(地方公務員等)及び一般企業(カウンセラーなど)などにおける心理支援職に就くことを想定しています。
 また、卒業生の多くは、公認心理師の国家資格取得を目指すため、心理系の大学院進学が想定されます。

学位の概要

学位の名称は「学士(心理学)」( Bachelor of Psycholoy  )です。
多職種・多領域にわたるチーム医療の中で活躍できる高度な知識と技能を有した地域支援のリーダーとなる心理支援職を養成していくこと、学問的中心を「心理学」に置きつつも医学・保健医療をベースとした心理学・臨床心理学等の科学的知見に基づき心理に関する支援方法を体系的に教育・研究していくことを理念として学位を授与します。

取得可能な資格

医学部心理支援科学科で取得可能な資格は、 認定心理士(学会認定資格)、 児童指導員(任用資格)及び心理判定員(任用資格)です。
また,医学部心理支援科学科の学士課程4年卒業後,公認心理師国家試験の受験資格を取得するため,多くの者は心理系の大学院(修士課程または博士前期課程)進学が想定されます。
なお,本学においては,既存の大学院保健学研究科(博士前期課程)に心理支援科学専攻(仮称)を追加設置(2024年4月に設置予定)することにより,公認心理師国家試験の受験資格が取得可能となる予定です。

 

弘前大学医学部心理支援科学科